元ニートが厳選!人と関わりたくない女性におすすめの仕事をまとめた

   

私は一時期「人間のストレス=100%人間」だと思っていて人と関わりたくないニートだった頃がありました。

でも働かなくちゃいけない。(仕事を辞めていたので)

だったらまずは人と関わらないストレスのない仕事から始めてみようと思い、色んなバイトをしました。

その中で、実際に人と話すのすら嫌でもできる、女性におすすめの仕事を昔を振り返りつつ選んでみました。

極度の人間嫌いだった私でも続けられた仕事なので、皆さんも絶対できます。

もし当時の私のような精神状態というのであれば検討してみてください。

Sponsored Link

元ニートが厳選!人と関わりたくない女性におすすめの仕事とは?

ポスティング

住宅街に行ってひたすらチラシをポストに投函していきます。

私は主に新築マンションのチラシを担当していましたね。

ポスティングのバイトは結構主婦の人が多かったという印象です。

仕事は基本平日の昼だったので、ほとんど住人と鉢合わせしませんでした。

でもたまにお年寄りに絡まれてしまうこともありましたが笑、まあ適当に対応しておけばいいです。

注意点としては「ポスティングを禁止しているアパート」のリストに載っているところには入れないほうがいいです。

クレームにもつながってしまうので。

気を付けたらいいのはそれくらいかな。

看板持ち

住宅展示場の案内などをプラカードで提示します。

ほとんどの場合、椅子は事務所で貸してくれるので座れるので女性でもできます。

プラカードはしっかりした木材ですが、先を底につけたまま持っていたら重たくないです。

朝~夕方まで(1時間休憩)とにかくひたすらボーっとしてました。

さすがに人と関わりたくない人と話したくないと思っていても・・・

暇すぎて逆に誰かと話したくなっちゃいますよ笑

 

もちろんスマホや読書はダメなので、私は何してたかというと・・・

・人間観察

・海外旅行してる自分を想像

ばかりしてました。

私のように妄想するのが得意な人は一度は看板持ちもありっちゃありです。

チラシ・ティッシュ配り

「○○○どうぞ~」と言いながら配るので人と話さないというわけにはいかないけど、個人プレーの仕事なんで楽です。

私の経験上、ティッシュ、あと飴やホッカイロなどおまけつきのチラシは大抵の人は取ってくれます。

ただチラシは中々取ってくれません・・・

でも一応ノルマは決められているので、数をはく努力はしなければならない。

なのでチラシのみの場合は、四つ折りにしてなるべく小さくし、一瞬ティッシュに見えるかのような大きさにして配ってました。

そうしたら結構皆さん受け取ってくれてましたね~

 

あ、もし受け取ってくれないとどうしよう・・・といちいち思う暇なんてないです。

ビラ配りは基本駅前など人通りが多いところなので人が次から次へとやってきますから。

ずっと無心でやり続ければ全然精神的に楽ですよ。

機内清掃

座席前ポケットの中に入っているパンフレットの整理、座席や床の清掃などをします。

私がバイトしてたとある国内便は、初心者はまず座席前ポケットと座席のみ、慣れてきたら掃除機かけたりトイレ掃除をやるというかんじでした。

ビジネスクラス席はベテランが主に担当してましたね。

 

10人体制というチームでやりますが、待機時間を含めてだいたい30分くらいしか皆で一緒にいません。

仕事が終われば即解散ですしいい意味でドライでした。

もともと飛行機が好きだったので個人的には中々おもしろい仕事でしたよ。

Sponsored Link

実際こういう仕事にはどんな人がいたの?

年齢層は20代~40代、男女比率も半々かな。

バイト掛け持ちの学生さん、副業でやってるサラリーマン、主婦など幅広かったです。

基本的には現地集合のときに挨拶を交わすくらいしかお話しません。

ただ何回もやってると顔なじみの人ができてくるので、現場で会うといろんな話しましたね。

給料が安すぎて転職しようか迷っている。

職場の人間関係で病んでしまいそうだから仕事辞めたい。

私と同じような悩みを抱えている方がとにかく多かったですね・・・

人と関わりたくない,女性,おすすめ,仕事,ニート,話したくない

ニートでも転職できるの?

確かにフリーターやニート期間が長いと転職に不利なのではないかと思ってしまいます。

1年半今回紹介したようなアルバイトをしつつ国内外の一人旅をふらふらしてたのですが・・・

それでも無事新しい会社で働くことができました。

女一人で海外をあちこち旅したという経験にインパクトがあったということ、あと米軍基地関係のお客さんが多いので簡単な英語対応できる人を会社側も求めていたということから、おそらく雇ってもらえたんだと思います。

面接では、

・海外行きの航空券やホテルの予約、交通手段や観光地、レストランなどの下調べを全て一人で行った

・現地でトラブルに巻き込まれた時一人で解決した体験談

などを具体的に話してとにかくアピールしまくりました。

 

ニート期間が長いのがどうのこうのじゃありません。

結局はその期間に経験したことが会社でどのように活かせるかということを、採用者を納得させられるように伝えればいいんです。

 

ちなみに同じく仕事を辞めてしばらく働いていなかった友人も、TOEICを勉強し外資系の企業に再就職できた子もいます。

1年間公務員学校に行って地元で公務員になった子もいました。

現在はどの業界も人材不足だと言われています。

なので私達のように多少ハンデがあったとしても自分をうまく売り込めれば、転職できるチャンスは十分あります!

ニートが転職でより有利になるためには

それならやはり転職エージェントに申し込み、プロのアドバイザーを付けて活動すべきです。

例えば「就職shop」という転職エージェントは、フリーターやニートなど正社員として働いたことがない人、あるいは新卒ですぐ退職した人向けのための転職サイトです。

「就職shop」は大手のリクルートがやっているので安心して利用することができます。

 

転職するのに自分は人より不利な立場だと思っていても、じゃあ一体自分を雇ってもらえる会社を探せばいいのかよくわかりませんよね。

就職shopならそれぞれの要望に合わせた条件を聞き出し、その人にぴったりな会社を見つけ出してくれますし、面接の対策まで細かくしてくれます。

あとほかの転職エージェントにない最大の特徴としては、学歴、経験や資格を見る書類選考がない、つまり履歴書が一切なしで面接に挑めるという点。

これなら仮にニート歴が長くても関係ありません!

就職shopは、「人を見て採用する会社しか求人を載せていない」というのがウリです!

Sponsored Link

人と関わらない仕事をしてから転職活動も全然あり!

前の仕事を辞めてから人と関わらなくていいという事が本当に楽だなと感じ、家族以外と話さないみたいな時期がありました。

でもこのままじゃいけない。

 

とはいいつつ接客はまず自分に向いていないしどうしよう・・・

そうだ、人とあんまり関わらなくていい仕事から始めよう!

と思い機内清掃やビラ配りなどしてお金を貯め、その資金は期間限定の海外一人旅に充てました。

 

こういう系の仕事はリクナビ派遣などで調べると出てきますので、気になればぜひチェックしてみてください。

当時の私みたいに人間関係に疲れて病みかけている状態で転職活動したら、ますます心に負担がかかってしまいます。

だからとりあえずバイトしてから後のことは考えよう。というスタンスでもアリだと私は思ってます。
 

仕事辞めた=人生オワタではありません。

むしろ明日が来るのが毎日苦痛と感じているのにそこで定年まで働くことのほうがヤバイんじゃないのかな。

絶対いずれ自分自身が壊れてしまうでしょう。

私は同じ会社に縛られ続ける人生が嫌で仕事を変えました。

今でもその選択肢は間違ってなかったと言い切れます。

 - 仕事